情報提供:光が丘地区自治会
2020.05.15

【光が丘地区】 朝日新聞の取材を受けました。避難所の新型コロナウィルス感染症対策

「避難所で感染症クラスターを発生させないこと」は、現在全国の避難所の大きな課題です。

こうしたことへの我が地区の取り組みについて、朝日新聞社相模原市局から取材を受けました。

様々なことが話題になりましたが、中でも私たちは「避難所での感染症対策」を実現する最初の一歩として、

地域住民に複数の避難先を示して「分散避難」を促す、啓発チラシの作成・配布について説明しました。

チラシは全自治会員に配布する予定です。



出席者

光が丘地区自治会連合会長(連合防災隊長) 割柏 秀規

光が丘地区避難所運営協議会連合会長    堀口 眞

光が丘地区避難所運営協議会連合副会長   門倉 茂

光が丘地区自治会連合会(防災副部長)   熊谷 由加

取材

朝日新聞 相模原市局長(記者)      岩堀 滋

分散避難啓発